妄想が湧くなあ

未分類
10 /30 2016
「国家あっての国民」という視点に立ち「国権の発動」を大前提にした憲法改正草案が有る。

これは現行憲法の理念を根本から覆すもの。
どこの憲法改正草案かは、あえて言いませんが・・・

そのうち総理直属の大本営条例の様なものも作りかねませんね。
大本営発表
「政権のためなら我慢しろ」って。


追伸
公安に追われているので、しばらく身を隠します。・・・・嘘です。

またぞろ身辺が執りこんで来たので更新等が滞りそうです。
あれこれ遅れますが、細々と続けて行きたいと思っていますので宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

根性 無し

未分類
10 /26 2016
「自分の殻を破り変化するには 相当勇気がないと出来ない」と聞いた。
うん確かに、そうだと思う。

そして、「バカなことしか書けない奴が、そこから脱皮するには、相当な努力がいる」と思われるのですが、そんな努力をする根性は無いので、当分このままで居ると思われる私です。

なんで、こんな話になるのだろう。

太郎 負け惜しみを言う

未分類
10 /19 2016
広告写真を生業として居られるプロのカメラマンの方に聞いた話です。

写真に点数をつけるのは物の例えとして、アマチュアのカメラマンは普段50点しか取れない写真を撮っていても、たまに95点を取れる写真を1枚撮れば素晴らしいと評価される。
しかし、プロのカメラマンは普段90点を取れる写真を撮っていて、時には95点を取れる写真を撮っても、50点しか取れない写真を表に出せば評価が下がり仕事は減ってしまう。

プロの世界は厳しいようです。

ちなみに、この太郎はプロのサラリーマンなので、時々わざと50点しか取れない様な仕事の結果を残して、社内での仕事を減らして楽をして居りますです。
 
嘘です、また嘘をつきました、世の中そんなに甘くは有りません。
ただ単に、結果を残せていないだけです。
これを世間では、負け惜しみと言う様です。

時々、いや何時も、手を抜きたいと思ってはいますけどね。

おわり

太郎 心の中で手を合わせる  謝謝

未分類
10 /16 2016
う〜そ ピョン、だとか
あかんべ~、だとか
ここのところ、中学生の落書きの様なことを書いて居ります。

しかし、まあ、なんですねぇ。
皆さん、よく怒り出しもせずに、こんなブログを読んでくださるものだと、
あたしゃ、つくづく感心しますですよ。
奇特な人も居・・・・・・ いやその・・・
あたしゃ、有難くて、ありがたくて、心の中で手を合わせて居りますです。
皆さん人間が出来てらっしゃる。
あたしなんぞは、皆さんの爪の垢でも煎じて飲めば、少しは真っ当な人間に成れるんじゃないかなどと、思わずには居られない今日この頃で御座います。

今日もまた、お付き合い戴きまして有難う御座います。 謝謝。

おわり

ボブ・ディラン

未分類
10 /14 2016
今日はTwitterを使った反則技です。



どひゃ~ 驚きました、こういうのも有るんですねぇ。

しかし、ノーベル賞受賞をボブ・ディラン本人はどのように感じているのでしょう。
名誉なことと思われるとは推察しますが、功成り名遂げ、あの詩を書く人です、只々受賞に浮かれるとも思えません。

Bob Dylan 風に吹かれて  (詩もよめます よ)




本日の迷言

何もない奴は、何も失うものはない奴は、平気で反則技を使う。
反則技に文句を言う奴は

あかんべ~

富山太郎

書いていることは、かなり独り善がりです。
独り善がりと分かっては いるのですが・・・・
これが なかなか止められない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。